お知らせ

2019 / 07 / 30  23:54

かほく新聞

しかし暑いです。体温に近い気温です。 今週が暑さのピークのようですが・・別に来週から30℃を切る訳もなく しっかり水分摂って、しっかり食べて、睡眠もしっかと!です。 昨日、店から帰るときにポストの中に見慣れないものが。 はいはい、何の広告やろう? 切手が貼ってある。 石巻かほく? 聞き覚えある。 先月の29日 石巻でのセミナーの際、地元の新聞社の方がお越しになり セミナーの聴講、その後 簡単な取材を受けました。 それが新聞に掲載され、その新聞を送ってくださいました。 新聞かぁ〜 ちょこちょこメディアに取り上げて頂きますが、やっぱり恥ずかしいですね。 でも、沢山の方に知っていただくためには・・少し嬉しいです。
2019 / 07 / 26  19:32

5回目 ラスト

3月から始まった九州・福岡での受胎リフレクソロジスト認定講座 今日が最後の6時間となりました。 毎回 4時30分に起床。5時15分に家を出て6時50分の新幹線さくらに乗車 3月の5時15分の空は暗く月も見えました。 7月の5時15分の空は明るく蝉の鳴き声が響いています。 5ヶ月、時間は経過しているんですね。 今日の講座は、体外受精について2時間。 残りの4時間は ホルモン周期に合わせた妊活に特化した足もみの最終チェック そして来月、甲子園で座学と実技の認定試験です。 通常、3時間の受講を10回。なのですが、遠方での受講 6時間の受講を5回。かなりしんどかったと思いますが、毎回しっかりと復習も出来ていたと思います。 来月はお2人の受講者が認定試験を受け 受胎リフレクソロジストになる予定です。 しっかりサポートしていきます。 一緒に頑張って行きましょう!
2019 / 07 / 07  10:12

6月30日 仙台 満員御礼からの始まり

宮城・仙台の吉川先生、秋田の日景先生の主催で始まった妊活講座 会場は凄い熱気。 なんせ、会場は満員御礼でしたので。 今回の講座は、今までにないお話もさせて頂けました。 「女性特有の悩みについて」 女性の4~5人に1人が子宮に筋腫があると言われています。 代表的な筋腫とは ・筋層内筋腫・粘膜下筋腫・漿膜下筋腫 をベースにお話しました。 女性に限らず、冷えで悩んでいる人が増えています。 冷える理由は大きく3つ ・体内で熱が作れない ・作られた熱が全身に行き届かない ・体内の熱が逃げやすい をベースにお話しました。 午後は受講前質問の答え合せからの始まりでした。 妊娠に向けての質問をクイズ形式で出題し答えてもらいます。 27問中、何問正解されましたか? その後は妊活に特化した考え方と施術方法 参加くださった方が、遠くでも手元が見えるように刺激方法をスクリーンに映し出し、解説しながらの手技 この企画、今回が2回目の試みでしたが、これからも続けようかな? 好評でした。 その後は、足もみマラソン。 ご参加くださった皆さんに、約3分ずつですが重点反射区の刺激方法を体感していただきました。 会場の片隅では、毛細血管測定。 施術前後の毛細血管の変化を見ていただきました。 生活習慣や食事、ストレスや睡眠の状況もしっかり出てきます。 足もみマラソン、毛細血管測定以外の人は、足もみ足もまれを実施! もちろん最後は質疑応答です。 最後はみんなで 集合!はいパチリ。 主催してくださった吉川先生、日景先生、スタッフのみなさん、そしてご参加くださったみなさま 本当にありがとうございました。 美味しいお店での親睦会も盛り上がりました。
2019 / 07 / 07  10:08

6月29日 石巻

6月29日 石巻 G20の影響で3時40分起床。 電車を乗り継ぎ、最後はモノレールで空港入り 空港に入る前から行列?なんや?なんや? 空港に入る前に検問。チケットが無いと空港には入れないようだ。 まず、ちゃんと空港に着いて、離陸出来るのか? 仙台空港に時間通りに着くのか? 不安と言うか、緊張感で「講座」に対する緊張が和らいだ? 遅れることなく、無事に会場に到着。 主催: 石巻市 足もみスクール&サロン スマイルハートの石橋先生 協力: 宮城県 足もみサロン さくら館の内山先生 〜妊活〜 妊娠・出産・育児のできる身体つくり 講座に講師としてお邪魔しました。 1部は、一般の方向けの講座 孫や、ひ孫を希望するおばあちゃまや これから先、お子さまを考えておられる方がお集まり下さいました。 2部は、専門職(リフレ、ハンド、足圧、ボディ、助産師)の方へのホルモンの流れに合わせた足の刺激方法をレクチャー&施術体験。 休憩なし、あっという間の220分でした。 今回お手伝い頂いたスタッフの皆さん、皆さん初対面の方でした。 東北の方は、やはり おとなしい・・はじめは(笑) 次回お会いするときは、いっぱい写真撮りましょう! 集合写真も忘れずに撮りましょう! 石橋先生、内山先生、人の温かさが伝わる石巻でした。
1