お知らせ

2020 / 09 / 04  23:52

新しい生命の誕生報告

今日は郵便受けに嬉しいお手紙が届いていました。 月経周期に合わせて、ホルモンの働きに合わせ 週に2回の施術を欠かさず受けて下さっていました。 体質改善に足もみを続けておられたお客様から ご出産の報告と可愛らしいbabyの写真入りのお手紙でした。 妊娠報告を受けて 「第1段階突破、よかったですねぇー」 胎嚢確認が出来て 「第2段階突破、よかったです」 心拍確認が出来て 「第3段階突破、よかったです。13週を迎えたら教えて下さいね」 13週を迎えました 「ご妊娠おめでとうございます」 いつもの会話です。 陽性(妊娠)判定が出ても直ぐに「おめでとう」は伝えません。 お医者によっては 「13週にならないと『妊娠』とは言えない」 と仰るお医者様もおられるようです。 お手紙を下さったお客様は、子宮内膜が厚くなりにくい体質 私が今まで聞いたことのない療法 「PRP療法」を受けられ胚を子宮に戻されました。 PRP療法とは、自分の血液中の血小板に含まれる成長因子が持つ修復能力を利用し 身体の局所におこっている炎症を鎮めたり、傷の修復を早めたりする治療方法で 成長因子が細胞増殖や血管新生を誘導して、創傷治癒を促すと考えられており 不妊治療分野への応用としては、「胚移植を控えているが、子宮内膜が厚くならない方」や「原因不明の着床障害がある方」に効果が期待出来ると言われる療法です。 この療法を受けられ無事に着床してくれたのです。 そして出産。 お手紙を拝見しながら 妊娠→出産→育児の出来る身体作りに少しはご協力出来たのかな? と思う瞬間です。
2020 / 08 / 27  13:43

足もみ足もまれ大会について

9月27・28日に開催を予定しておりました第6回足もみ足もまれ大会ですが 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況下 実行委員会で検討を重ね参加者および関係者の健康・安心・安全面を第一に考慮した結果 誠に勝手ながら大会の開催を中止させていただくこととなりました。 ご参加のご連絡をいただいておりました皆様 お問い合わせを頂いた皆様には、大変ご迷惑をおかけすることとなり 誠に申し訳ございません。 何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 コロナウイルス感染症と連日の酷暑で辛抱の時間がもうしばらく続きそうですが くれぐれもご無理なさらず健康第一で健やかにお過ごしください。 沢山の人の足をもみたい。 沢山の人にもんでもらいたい。 向上していきたい。 「じゃぁ、皆んなで集まって 足をもんで もまれて 意見交換をして向上したい」 この気持ちに今後もブレはありません。 また来年?どうなのかな? ワクチンや特効薬が整い、電車乗って自由に移動出来る日が来た時 また集まって、楽しく足もみ足もまれしましょう。 足もみ足もまれ大会 実行委員
2020 / 07 / 07  01:08

受胎リフレクソロジスト研究発表会&手技会

受胎リフレクソロジスト研究発表会&手技会
7月5日は 受胎リフレクソロジー研究発表会&手技会を行いました。 当初は4月に予定していたのですが コロナウイルスによる緊急事態宣言発令によりこの日の開催になりました。 全会員が一同に・・とはなりませんでしたが 大阪、京都、兵庫の受胎リフレクソロジストが集まり 日頃の研究発表や受胎リフレクソロジーの施術改善例などを報告し合い その後は、手技の確認を兼ねた手技会を行いました。 内容の濃い8時間でした。 受胎リフレクソロジスト認定講座の座学でも触れている内容を より詳しく、より分かりやすく研究されていました。 月経周期に合わせた刺激方法、月経開始日から考えた刺激方法 ホルモン周期に合わせた重点反射区とその考え方 エストロゲン産生の流れ、排卵のしくみ、ホルモンの種類と内分泌 受胎リフレクソロジーの考え方で行った手技による事例報告、改善例 男性不妊にも繋がる可能性がある間違ったマスターベーション ・ ・ ・ ここでは書ききれない実践向けで今すぐ実践に役立つ発表内容でした。 発表内容に対しての質疑応答も時間を忘れて・・熱かったです。 そのおかげで、手技会の時間が短縮 通常は60分掛けて足もみを行うのですが、40分に短縮し 手技を確認し合いました。 年に2回の勉強会(研究発表会&手技会)を予定しています。 次回は福岡・小倉で受胎リフレクソロジー1Day講座も含めて 考えているのですがコロナウイルス感染者が増加しているため 今年2回目の勉強会も地元開催になるのかな? 足もみの後はお腹が減ります。 今回の4人の平均年齢は57.5歳! 和食好むようになってきますね(笑) こちらも美味しく、楽しく、熱く盛り上がって来ました。 気が付けば・・お客さまに対しての足のもみ方や会話の術 みんな足もみが好きなんです! お越し下さる方にご協力がしたいんです!!
2020 / 06 / 23  00:53

ミトコンウォーク

ミトコンウォーク
前回はミトコンウォークのご紹介の前の ミトコンドリアの説明だけで終わってしまいました。 今回はその続きミトコンウォークについ書いていきます。 このミトコンウォークは、いつもお世話になっている医療機関の 統合医療・補助治療でも人気のプログラムです。 良い意味でも、良くない意味でも医療機関では数値に出ることあります。 このウォーキングを続けることにより卵子の質の改善が認められています。 ミトコンウォークには3つの工程があります。 先ずはウォーキングの前のウォーミングアップから始めます。 身体の力を抜いてリラックス 鼻から吸って〜 口から吐く 鼻から吸って〜 口から吐く 屈伸運動、前屈、後屈、アキレス腱を伸ばす、手首足首を回したりetc しっかりストレッチ! これを繰り返し5分行います。 いよいよウォーキングです。 まずはしっかりと靴を履きましょう。 その日の足に合わせて紐はしっかりと結びましょう。 前傾姿勢にならず、姿勢を正し大股で歩きます。 汗をかくくらいのペースで脈拍を100から120までの間で15分歩きます。 有酸素運動になります。水分もしっかリと摂りましょう。 (注意)運動経験があり、体力に自信があるからと言って 120以上に脈拍を上げないように。 活性酸素が高まり、身体や細胞が老化します。 そして最後はスローダウンです。 急に歩くのを止めるのはNGです。 ゆっくりと深呼吸、呼吸を整えながら 手はゆっくり振り歩幅を元に戻し脈拍を歩く前に戻す感じで。 目安としてウインドショッピングしているような速度で。 (個人差があるか?ゆぅ〜くり歩いて下さい) ミトコンドリアと同じように簡単過ぎる説明になってしまいましたが・・(笑) 出来れば週に4回は実施して欲しいです。 でも無理はいけません。 先ずは週3を目指しましょう。 ミトコンウォークと受胎リフレクソロジーの組み合わせは効果的ですよ! 足もみ道場 こいさん http://ashimomi513.com/ 受胎リフレクソロジー協会 https://cra-jutairefle.com/
2020 / 06 / 19  23:51

ミトコンドリア

ミトコンドリア
妊娠に大きな影響を与える「ミトコンドリア」 このミトコンドリアを活性化させる運動があるんです。 その運動とは「ミトコンウォーク」です。 そもそもミトコンドリアとは? 私たちの身体の中に必ずある細胞です。 身体の中で酸素を燃料にして 「体温を保つ」「筋肉を動かす」「受精する」など 人間の営み全ての支えになるエネルギーを作り出します。 ミトコンドリアの働きが低下すると 細胞はエネルギー不足となり老化にもつながります。 説明、簡単すぎるかな? 細胞の中には10,000万個以上のミトコンドリアが存在します。 そのミトコンドリアが活性化していないと エネルギー不足により細胞に至らないことがあります。 卵子はミトコンドリアの産生するエネルギーによって成熟し 「分割」「着床」することができます。 また、精子のしっぽが元気に動くエネルギーもミトコンドリアが作っています。 ミトコンドリアが「元気に動いている」ことは、とても大切 なんです。 酸化ストレス値が高かったりからだの抗酸化力が落ちたりすると ミトコンドリアの数が減少したり働きが悪くなってしまうのです。 ミトコンウォークとは? 適度にキツイ有酸素運動がミトコンドリアを活性化させます。 ミトコンウォークには3つの工程があります。 長くなってきましたので、ウォーキング方法は次回にお伝えいたします。 足もみ道場こいさん http://ashimomi513.com/ 受胎リフレクソロジー協会 https://cra-jutairefle.com/
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...