お知らせ

2023 / 02 / 15  23:44

受胎リフレクソロジー認定講座

受胎リフレクソロジー認定講座
セルフケア 続けて行きましょう 今日は朝から受胎リフレクソロジー認定講座。 まずは、前回までのセルフケアのチエック その後は、前回の続き 今日で足裏が終わりました。 正しく自分の足を刺激する。正しくセルフケアを続けて行く事で 「自身の体調を整えて行く期待が持てます」 「正確な反射区を知り、刺激する事で、対人施術も効果的に行える」 「人に伝える事が出来る」 セルフケアの後は、対人施術 受胎リフレクソロジー協会の講座の進め方は、セルフケアと対人施術の同時進行です。 こちらも前回までのチエック その後はセルフケアと同じく、足裏全部の反射区の刺激方法。 とりあえず64ヶ所全ての反射区への刺激が出来るように進めて行きます。 そこからがスパルタ指導(笑)受胎もみ(刺激)です。 足に対しての「座り位置」反射区への「角度」「力加減」「ストローク」 刺激に際しての「補手の使い方」 セルフケア、施術に意識を持って行うために 「セルフケア記録」と「施術記録」を付けて行きます。 施術記録は、毎日、毎回同じ人の足でも良いんです。 その日、その時によって足は違いますからね。 セルフケア、手技に時間を掛け過ぎました。 次は座学の時間ですが、この時点での残り時間は30分。 認定講座テキスト、3ページしか進めなかったのですが 「月経(生理)や排卵」について 「どうして月経(生理)が起こるのか?」「塊が出る理由」「1本のストロー」「排卵するタイミング」こんな感じでしたが 興味津々、楽しそうな表情で受講してくれていました。 私たちもしっかりと伝える事が出来たと思います。 受胎リフレクソロジー協会の講座スタイルは 受講者一人に対して二人。もしくはマンツーマンでの指導。(講師は受胎インストラクターの谷と協会代表理事の小井) 受講者二人までの受講が基本です。 1度に3人、7人、10人にお伝えする事は可能だと思いますが、ちゃんと伝わるのかな? 1回で理解出来る方もおられます。5回目で理解出来る方もおられます。 こんな2人が同時受講した場合、どうなるのでしょう?どちらに合わせて行けば良いのだろう? こんな事を考えてしまいます。 人には「個性」があります。それぞれのペースがあります。 「それ」に合わせて行ける伝え方が、受胎リフレクソロジー協会のやり方です。
2023 / 01 / 26  17:25

沢山の出逢いに感謝

沢山の出逢いに感謝
2023年1月14・15日、今年に入って2週間目のこの日 とても有意義な時間を過ごす事が出来ました。 神戸市で活躍されている「女性のための自然派ボディケア協会」さまの合宿に 講師として参加、お話をさせていただきました。 足もみに携わる他団体の方に受胎リフレクソロジーに興味を持っていただけていること、本当に嬉しく、有り難く思っています。 今回の会場は神戸国際会館。 遠方からの参加者も多く、迷わずに会場に行けたように思います。 リアル参加者は43名。ZOOM参加者が23名。もちろん、女性ばかり。 緊張が高まりました。 緊張のあまり、両手は氷のように冷たく、背中から冷たい汗。 こんな緊張の中、合宿初日のはじまり。。。 初対面の私に、皆さん優しく接して下さり、少〜しは緊張も解れたのかな? 初日に頂いたお時間は4時間。 テーマは 『受胎リフレクソロジー協会の考える  妊活足もみ「イロハのイ」~妊娠→出産→育児の出来る身体作りのために~』 初め「時間が余ったらどうしよう?」と思っていたのですが、余るどころか、休憩時間が10分しか取れない程、話していました。 休憩の後は、身体の状況に合わせた実践足もみの時間。 皆さんの真剣ぶりに、お伝えする私も熱が入ってしまいました。 今回の講座、今までにない試みに挑戦! お伝えする事を「聴く」だけでなく「考え、発言」してもらえるようにQ &A形式で妊活に関して、身体作りなどに関して、何問か出題、お答えいただきました。 15日、2日目の私の時間は3時間。 2日目も時間、足りませんでした。休憩、また10分だけ。 ここでも初めての試み「生殖補助治療」の簡単なお話をさせて頂きました。 「女性のための自然派ボディケア協会」のプロセラピストさんのサロンには、婦人科の悩みを抱えて居るお客様も少なくないようです。 その中で、子宮の筋肉層や漿膜、粘膜下に「デキモノ」が出来ている方も多いようです。 この「デキモノ」があると、妊娠し辛いことにもつながります。 そのため、生殖補助治療を受ける方もおられると思い、今回は「生殖補助治療」のお話を少しだけさせていただきました。 手技は「足の見方」と「見た足に対しての刺激方法」 皆さんの真剣な表情、皆んな足もみ好きなんやなぁ〜って思いました。 2日間に渡って、7時間のお時間ありがとうございました。 資料作りから、私自身、凄く楽しい時間でした。改めての勉強、頭にしっかり入ってきますね。 毎回お話の時間が終わっての帰路に思うこと 「ちゃんと伝わったかな?」「どこまでお伝え出来たかな?」 帰宅後、沢山のご連絡をいただきました。 少しは喜んでいただけたようで、少し安心しました。 今年はじめての大きな仕事、楽しかったなぁ。 また楽しく足もみしたいですね。
2023 / 01 / 03  21:51

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
今日から仕事始め お昼からの仕事の前に、兵庫県の天然記念物にも指定されている 西宮・越木岩神社にご挨拶参りに行ってきました。 子授け・安産祈願にご利益があると伝えられています。 毎年秋季例大祭行事として「泣き相撲」が開催されていて お子様を授かったことに感謝し、健康に育つよう祈願する行事のようです。 やっぱり私の場合、ここからのスタートですよね。 結構な上り坂でしたが、一歩一歩歩く事で、ご利益があるような気がします。 凄いPowerを感じる神社です。 周囲約40m・高さ10mの大怪石(花崗岩)である一大霊岩の御神体から 直接Powerも頂けました。 普段は授からない「破魔矢(絵馬付き)」何故か必要と感じ、授かって来ました。 かなり急な上り坂でしたが、帰りは「あっ」と言うまで降りてこれました。 越木岩、夙川に来たらここに行きますよね。 ケーキとクッキーのお店「エルベラン」さん。 エルベランクッキー&ティーフレンドクッキー詰め合わせ 、買っちゃいました。 神様に力をお借りして、今年も身体作りの足もみスタートです! 皆様の希望が叶いますように。 今年もご協力させて下さい。
2022 / 11 / 09  21:43

受胎リフレクソロジー協会 打ち合わせ会議

受胎リフレクソロジー協会 打ち合わせ会議
今日は午前11から受胎リフレクソロジー協会の打ち合わせ会議でした。 「今後の受胎認定講座について」 「出張での講座の進め方」 「(12/7を含め)今後の勉強会の在り方」 「認定プロのスキルアップ」 「来年予定している合宿勉強会」今日はこんな感じです。 以前から「受講条件を満たしていないが、受講したい」と、ご意見頂くことがちょくちょくありました。 そのご意見にどうしたらお応えできるのか?どうすれば、どうすれば・・ インストラクターと意見交換を行い、検討に入りました。 [受講条件] 「プロとして足もみの経験が3年以上。ひと月に30人以上の足をもんでいる」 『足もみ未経験の方にどう伝える?』 足もみセルフケアからじっくり時間を掛けてお伝えする。 『出張での講座の場合も通常通り2人でお一人にご指導?一部座学は、オンラインを採用?』 結論はまだですが、オンラインは採用(発信は2名で行います) 勉強会の在り方、スキルアップ、合宿勉強会についても良い話が出来ました。
2022 / 07 / 28  18:45

子供おとなクラブ入会

子供おとなクラブ入会
足もみ道場こいさんにお越し下さるお客様の8割強のお客様は 新しい生命の誕生を願う方です。 そんな中、親子3世代でお越しくださっている家族がおられます。 約6年前、4歳の女の子を連れて39歳のお母さんが問い合わせの後 お越しくださいました。 聞いたことのない疾患名、下調べをしてお迎えしたこと今でも覚えています。 毎週日曜日の午前10時はこの親子の時間です。 今年の4月の初め、お母さんに 「◯◯ちゃん、2?3ヶ月?後に初潮迎えるかも?」「足の形から考えると、経血が7?8日?ほど続くかも?」 って、話していたんです。 母「来月に10歳になるけど、もう来る?」 日本産婦人科医会では 『日本人女性の初潮年齢は、10歳から14歳までです。 初めての月経発来には、体重やBMIが関与し、体格の良い女子の方が早く迎える傾向があります。満15歳になっても初経が認められない場合は、専門医への受診を勧めましょう。』と言われています。 6年間、ほぼ毎週足をもんでいると、足の変化、身体の変化、違いが分かる事があるんです。 ある部分に刺激を与えると、返ってくる反応が違うんです。 ある部分を見て、触れると、経血の出方がわかる事もあるんです。 7月の連休に沖縄へ家族旅行。 環境が変わると身体に変化が出やすいと言われます。 下腹部がチクチクする。お手洗いに行く。便器を見て「お母さ〜ん」と叫ぶ。 3日前、学校で、性教育の時間があったらしく、直ぐにそれが生理(月経・初潮)と分かったようです。 お父さんにも「おめでとう」って、言ってもらえたらしく 恥ずかしさよりも「嬉しさ」の方が勝ったようです。 今の時代も赤飯炊くのかな? 7月24日、いつものようにご来店。 第一声が「先生、私、大人になってん」 「ほんまか?おめでとう。大人になったんや(笑顔)出血はまだある?」 「うん、まだある」 この会話を聞いてたお婆ちゃんが「もう7日目よ。まだあるの?」と心配顔。 女性の生殖器の模型で出血が長引く説明をして納得されました。 旅行先の沖縄から友達にLINEで報告。 友達からの返信には「子供おとなクラブへようこそ」 「子供おとなクラブ」のグループLINEに入れてもらったようです。 この日から足のもみ方、変えていきました。 これからの成長が楽しみです。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...